top of page

私が取り組む「ボディメイク」とは?

皆さんこんにちは。BBFITトレーナーのキャプテンカルマイです。

本日もブログを見て頂きありがとうございます。


さて今日は私が取り組んでる「ボディメイク」とは何をしているかというお話です。



■前提として。。。

まず前提として、私が取り組んでいる「ボディメイク」とは「コンテスト」に向けたものだという事をお話しておきます。

ですので、「コンテスト」で評価されるカラダを目指しているので、ある程度の基準に向かってトレーニングしています。



■フィジークという競技

私が参加する「フィジーク」という競技は「ボディビル」とは違い、あまりにも筋肉量が多いと減点されてしまう競技です。

ポイントとしては

・丸みのある肩があり、広い肩幅

・しっかりと割れた腹筋の絞れたウエスト

・シルエットはVシェイプ、又はTシェイプになるように

・サーフパンツが似合う程度の下半身の筋量  などです。


ですので、私は上記に該当するようなカラダを目指しているわけです。

↑こちらは田口選手です。日本トップ選手になります。私はほど遠いですw




■大まかなシーズンの流れ

1年に1~3回程度のコンテストに向けてトレーニングしていきます。

私の場合は年1回しかコンテストに出ませんので、こんな感じの流れです。


①軽い減量期→脂肪を軽く落とし、絞った時のシルエットを確認。


②増量期(バルク期)→筋肉量を増やし、増量します。弱点部位などは強化しながらトレーニングしていきます。脂肪は付いても良いと思って増量しています。


③減量期→コンテストに向けて、計画的に絞っていきます。筋肉量をいかに残しながら、脂肪だけを削るかの減量です。運動、食事も比較的追い込んでいきます。


④増量期→大会が終わり、また次のシーズンの為に筋肉をつけていきます。


上記を毎年繰り返しているだけです。



■皆さんに伝えたいこと。

私が取り組む「ボディメイク」の特徴は「増量期」と「減量期」が明確にあります。もちろん大会のタイミング等により、「維持期」も必要ですが、基本は上記のとおりです。

簡単に言うと、ちょっと太ったり極端に痩せたりしています。


そこでお伝えしたいのは、皆さんが行う「ボディメイク」は上記とは違うということです。

YouTubeなどを見ると多くの動画を見かけますが、コンテスト専用の動画も少なくありません。そのまま真似をして欲しくないですw


一般的な「ボディメイク」は、基本的に「健康で綺麗なカラダを維持する。」ことかと思います。そこまで行くのに「ダイエット」が必要な場合もあるかと思いますが、コンテスト参加者のような極端なものはいらないかと考えます。健康にも良いとは言えないですしね。


ですので、皆さんには極端ではない運動、食事、休養で長い目でみた「ボディメイク」に取り組んで頂きたいと思います。


■最後に

私がコンテストに参加しているからと言って、上記のような「ボディメイク」「ダイエット」は基本ご指導致しません。※ご要望あれば別ですがw


○健康な食事

○継続できる運動

○姿勢改善からのボディメイク

が中心になります。

ですので、ぜひ恐れずにご連絡頂ければ幸いですw


最後まで読んで頂きありがとうございました!




13 views
bottom of page